ファイナンシャルプラン二ング技能士は、資産運用のスペシャリストです

ファイナンシャルプラン二ング技能士とは、顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談(ファイナンシャル・プランニング)に必要な技能に関する学科および実技試験に合格した人を指しています。
つまり、一言で言うと資産運用のスペシャリストということになりますね。
この資格は名称独占資格となっていて、職業能力開発促進法の規定により、この資格を持っていない人がファイナンシャル・プランニング技能士と名乗ることは禁じられているということです。
ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取得するには、ファイナンシャル・プランニング技能検定という国家試験に合格しなければなりません。
技能検定試験は1級から3級まであり、どの試験も、学科試験と実技試験の2部構成となっています。
この検定試験の実技試験には、個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務、資産設計提案業務から目標に応じて選択ができるという独特の特徴があります。