仕事で疲れたときに、自宅のインテリアが自分の好みの
ものになっているかどうかで、私はその日の気分が全然かわってきます。
できれば生活臭がただようなゴミ箱の中に袋をいれたりせずに、
袋をいれて汚れないようにしていてお、その袋がみえないように
何かゴミ箱に布を巻いてあげるとか、そういった工夫をするように
しています。
この際センスがないと、なかなか自分の思い通りにいかないのが
辛いところです。
インテリア雑誌のように、上手くまとまりのあるお部屋をつくのが
なかなか難しいんですね。
置くものの選びかたもありますし、配色の問題もあります。
なので、一人で雑誌をみて「良くするにはこうすればいいのかな?」と
考えているより、プロの方に教えてもらったほうが早いような気がしています。
インテリアコーディネーターの勉強をすれば、配色の原則を学ぶことが
できますので、体系的にどういった色のもので、部屋をコーディネートをしていけばいいか見えてくるとおもうんですね。
自分のセンスを磨くために、またはスキルアップのために、
プロに学ぶというのは大切なことだと思います。